SHOUYO DAYS

ミラノサローネ視察2016 vol.1

2016.04.15

ど〜も〜。

ドーモです。


今年もミラノにやってきました!


建築のオリンピックとも呼ばれるミラノサローネ、そしてフィオリサローネ。
2016年はユーロクッチーナの年なので、
「デザイン」「建築」「家具」「キッチン」「展示」・・・
ここに翔洋が行かなくてどうする?
ということで、なんと6名の大所帯で視察してきました。

ご存じない方もおられると思いますので、どんなところかといいますと。
まずはメイン会場。これを「ミラノサローネ」と呼んでいます。

これは一つのホールを2階部分から撮影しました。


お分かりになりますか?この広いホールの中に
各企業が展示ブースをつくってアピール合戦!商談をします。
こんなホールが20個程度あると思ってください。

実際、企業の展示ブースはどれも趣向を凝らして
展示、演出されています。
こんなかんじとか・・・

こんなのとか


実は私たちモデルルーム事業部がつくるマンションギャラリーと
作り方や考え方は非常に似てます!
いやー勉強になる。

そして、「フィオリサローネ」というのはメイン会場ではなく、
ミラノ市内の街なかにある大学、教会、倉庫、既存のショールームなど
メイン会場でないところを利用して展示されるもの。

教会を利用して、こんなのとか・・・


倉庫を利用した、こんなのとか・・・
お、出た。日本を代表する企業さん。


既存の店舗を利用したこんなものたち。


前フリが長くなっちゃいましたが、山手線で囲まれたくらいの中に数百もある展示たち。
とても全ては回りきれませんが、がんばってみてきました!

続く

Shouyo Co., Ltd.
1-1-14, Akasaka, Minato-ku, Tokyo, JAPAN

SHOUYO @2010-2019 Shouyo Co., Ltd.